ファインバブルについて知ろう。

ファインバブルについて知ろう。

バブル発信局長 No Comments

thC56MCHVP

ファインバブルとは?:大きさが直径1/1,000mmの気泡のごく小さな小さな泡のことです。
ファインバブル活躍は医療、美容、健康、産業、水産、農業、環境などの幅広い分野での期待度が高まっています。

よく言われているファインバブルの主な効果といえば、洗浄力です。
ファインバブルは強力な表面活性のため汚れを蓄えやすく、水中のさまざまな汚れを除去が可能で、
たとえばお風呂で使用した場合、浴槽に入っているだけで皮膚表面の古い角質はもちろん毛穴の中の老廃物を除去できて、石鹸やタオルウォッチングなしで見えないところと手の届かないところまできれいに洗浄できてしまうのです。さらに、洗剤を使わずして洗浄力が期待できるので洗剤による化学的原因で皮膚のトラブルを軽減できるのです。

ファインバブルの活躍は研究とともに身近な存在となって、私たちの生活に寄り添いはじめています。ファインバブルについての知識を深め、毎日に取り込んでみましょう。

マイクロバブルの専門店 エンバイロ・ビジョン株式会社

ファインバブルの偽物

バブル発信局長 No Comments

ファインバブル

のような微細気泡の減少に気づいたのはおよそ20年前のこと。
その当時は、ファインバブルのような存在を学者間でさえ疑っている人がいたものです。
それがいまや、産業界にも大学にも参加者が増え、機械装置メーカーだけにとどまらず食品メーカーなどでもファインバブルは取り入れられるようになってきました。

ファインバブルの存在が確認されたのは、計測装置の技術進歩のおかげです。
なかなか人は目でみることのできないもの、確認できないものを信じることはできません。
この技術革新のおかげで多くの人や企業に説得力のある説明をすることができたからこそ、ファインバブルが日の目をみることができました。

「目に見えない」ということは比べることができなかったり、確認することができない不確定なものということです。
ですので、ファインバブルの偽物がでてくる可能性も十分にありうることです。
このペットボトルにはファインバブルが入っていて、とても健康にいいのだという触れ込みとラベルが貼られていたら中身がたとえただの水であっても、
買う人はわからない、なので買う人も大勢いることでしょう。

こういった自体がおこらないように、ファインバブルには国際標準化を目指しています。
正しく、効果のあるものをお客様に安全にお届けできるように、標準化という決まりが必要なのです。

水素ファインバブル

バブル発信局長 No Comments

水素原子(H)は原子の中で最も小さい原子なので、身体の隅々まで速やかに行きわたる特性を持っています。
この特性とファインバブルの特性を活かすことで、より効果的な結果を出すことができます。

たとえば、この水素ファインバブルを発生させた水を浴槽内に混合させて入浴すると、肌呼吸から効率よく水素が吸収され入浴後5~10分後には水素が全身に行き渡り、水素水を飲むより何倍もの水素を取り込むことが出来るのです。
体内に取り込まれた水素は、細胞の隅々に行き渡り、水素のもっとも素晴らしい効能である抗酸化作用を発揮して、悪玉活性酸素を除去します。
体内に取り込んでも、残留して老廃物になることはありませんので、副作用も一切ありません。

ビタミンCやビタミンEを摂取すると抗酸化作用があると言われていますので、美容に関心のある方は多く摂取するように心がけていることでしょう。
しかしこれらは末梢までは行き届かず、活性酸素を除去したあとは自らが酸化物になってしまうのだそうです。
それに対し水素は最も軽い原子であり、消えやすいので体内に残留して老廃物になることがないのです。
これなら安心して取り入れることができますね。

さらに嬉しいことに、水素には生活習慣病や癌細胞を生み出す原因となる悪玉活性酸素だけに反応して除去するとう働きももってています。
毎日の入浴に水素ファインバブルを取り込み、生活習慣病などを発生を防ぎ、紫外線やストレスなどによる肌の酸化を防いでくれて美しい肌を保つ手助けをしてくれます。

ファインバブルでマッサージ

バブル発信局長 No Comments

ファインバブルの性質を利用して、マッサージやリラックス効果を得られることがわかってきたようです。

ファインバブルを発生させたお風呂に入浴することで、無数のファインバブルが皮膚表面にあたり、マッサージを繰り返すことで繰り返し血行を促進し、皮膚を若返らせます。
電気や人の手よりももっと優しい流れでファインバブルは全身の血の巡りをたすけるマッサージをしてくれます。
また、ファインバブルのお風呂のマッサージは身体にまとわりつく泡が身体をガードしますので、水圧や温度の過度な負担を軽減してくれるそうです。
同時に温灸効果もありますので、知的神経を刺激し、成長ホルモンの分泌を促す効果もあると言われているのです。

ご自宅のお風呂にファインバブルを導入するのも良いですが、
天然温泉にファインバブルを導入することで、より効果的に効能を体感できるお宿も登場してきています。
ファインバブルの温泉で毛穴の中まで洗浄しながら、マッサージ効果も楽しめ、日頃の身体の疲れをしっかりと取ってくれそうですね。

週末に癒しを求め、ファインバブルの温泉を巡ってみるものいいかもしれません。

ファインバブル発生装置「ファインアクア」

バブル発信局長 No Comments

ファインバブルは、大がかりな機械を通すことで作られるようなイメージをしますが、実際は非常にコンパクトな機械に水を通すことでファインバブルは作られ、活躍しています。
ファインバブル発生装置「ファインアクア」もそのひとつで、約10億分の1メートルという微細なファインバブルを発生させることができる装置です。

このファインバブル発生装置は、ファインバブル化させる気体の種類を変えることによって、生物の活性作用や野菜などの作物の生長促進作用、酸化作用、液体の変質など
目的に合わせて発揮する効果を変更することができるのです。
たとえば、ファインバブル化させた酸素である”酸素ファインバブル水”は、水中を効率的に後気状態で保持することが可能になり、切り花やブーケが枯れてしまうまでに期間を長くしてくれます。

洗浄効果や汚水対策、農業や水産業などさまざまな目的に合わせて活用していくことができるのです。

ファンバブルと工業技術

バブル発信局長 No Comments

ファインバブルの活用の分野について、工業分野での活躍例をご紹介します。

■洗車
洗車機にファインバブルを組み込んだ”ファインバブル洗車機”
同業他社との差別化を図り、集客に繋がることを狙いとしている。

■金属加工 
ファインバブルによって摩擦抵抗を減らしたり、
またファインバブルの洗浄力で切削液を除去するための二次洗浄にかかる手間や時間、またその廃液処理の削減につなげている。

■洗濯
ファインバブル水をクリーニング工場で洗濯水として利用することで、洗剤、すすぎ水、ボイラー燃料などを削減。コストダウンにも繋がっています。

■染色
繊維染色においては、染色前の脱脂にファインバブルアルカリ性電解水を使用。
染色工程ではファインバブル電解水の持つ還元作用や酸化作用を利用することで大幅な薬品やボイラー燃料の削減につながります。

その他、機械洗浄や工場内などの清掃などにも幅広くファインバブルの活躍が見られています。

ファインバブルとマヨネーズ

バブル発信局長 No Comments

ファインバブルは私たちのとても身近にあるものに潜んでいることがあります。
たとえばマヨネーズの製造でも有名なキューピーでもファインバブルの技術が活用されています。

ファインバブルをマヨネーズの製造段階で用いることで、くちあたりのよい「ふわっと感」が出せるそうですよ。
高級な業務用マヨネーズで使用しているそうです。
ホイップの要領でマヨネーズの中に空気を入れることでふわっとしたくちあたりとなるのでしょうか。

また、野菜を扱う部門でも活躍を見せており、
カット野菜の洗浄にファインバブルの装置を導入したところ、
今までどうしても洗浄には次亜塩素酸を使う方法をとっていたが、ファインバブルの使用により塩素特有の臭いをなくすことに成功したそうです。そのうえ、薬品での洗浄とはちがい、ファインバブルでの洗浄となると、食の安全面からみても
メリットが多そうですね。

さらに、ファインバブルがただの水であるのに高い洗浄力をもっているということは、
洗浄に利用したあとも、そのまま排水してしまっても問題がないということになります。

これから産業から排出される汚染された水の問題はファインバブルによって解決の糸口をつかむことができるかもしれませんね。

ファインバブルと清掃

バブル発信局長 No Comments

ファインバブルの活躍の場を見てみましょう。 
ファインバブルは意外なところで、それもとても身近なところで活躍しています。

高速道路のパーキングエリアにあるような大きな公衆トイレや、テーマパークにあるような広いトイレでは清掃も大変です。
ですが、ほとんどの場合24時間利用するひとがひっきりなしに来るので、
時間をかけて清掃をすることはできませんし、時間がかかるのであれば一日に何度も清掃を行うことも難しいので
清潔な公衆トイレを提供できなくなってしまいます。

渋滞の洗浄方法は、水道水を床面に散布したあとにデッキブラシでこすり洗いをし、
バキューム・スイーパーで水を回収するという方法で清掃されていました。
そこで、この清掃のときに使われる水を、ファインバブルにかえるとどうなるでしょう。

まず、水を散布する量が減りました。
簡易噴霧機器で床面を湿らせる程度に散布して、糸モップでふきとるだけで、なんと元々の方法と同様の効果を得ることができたのです。
今後は、トイレから流れる水にもファインバブルを導入することで、常に清潔な環境を提供していこうと考えています。
大幅なコストのかからないファインバブルであるからこそ可能である試みです。
また、今後はコスト削減になり、大きな効果得られるのですから長い目でみてもメリットの方が大きいでしょう。

ファインバブルの泡

バブル発信局長 No Comments

私たちの生活の中に”泡”は自然とできるものでもあり、故意に発生させることもできるものです。
身近なところで活用されている”泡”は、ビールを美味しそうに見せる泡であったり、ときにはオシャレなフランス料理のアクセントに使われたりもします。
身体を洗うために石鹸を泡立てたりしますね。

ファインバブルの場合、私たちがよく知る身近な泡よりももっともっと小さな数十ミクロンの気泡直径です。
その小さな目に見えない泡は、気泡が散乱体となるため、液体が白濁することでやっと私たちの目で確認可能となります。
ファインバブルの気泡は長期間液中に存在することができ、電荷を帯びること、気泡内部が超高圧状態になることなどが特徴の泡です。
食品分野をはじめとして、化粧品、薬品、医療、半導体や植物育成等、幅広い分野での応用が期待されています。

ファインバブルの測定方法・技術
・レーザー回折・散乱法
・ナノ粒子トラッキング解析法 共振式質量測定法
・電気抵抗法
・動的光散乱法 気泡径分布の計測手法

ファインバブルでインフルエンザ対策

バブル発信局長 No Comments

冬場は乾燥しやすく、気温も低いのでウィルスが活動的になる季節です。
毎年、インフルエンザの予防接種を受けにいったり、手洗いやうがいを欠かさずに行ったり、
最近では年中、スーパーやデパートにアルコールがおかれているので、
アルコール消毒をしておいたりと、インフルエンザにかかるまえに予防しておくことを心がけるでしょう。

自分自身辛いですし、忙しいタイミングでインフルエンザにかかってしまうと、長期間仕事をお休みすることになってしまうので、避けたいところですよね。
学生は大切な受験を迎える子もたくさんいます。より効果的なウィルス対策をしておきたいものです。

ファインバブルは、菌・ウイルス対策として非常に大きな効果が確認されています。
ファインバブルの帯電作用と圧壊時に発生する作用によって、菌やウイルスは活動を止めます。

ファインバブルの発生装置は、家庭でも手軽に簡単に取り付けできるものが続々と開発が進んでいます。
帰宅後の手洗いうがいをファインバブルで行い、確実なインフルエンザ予防を行いましょう。

学校や病院など、大勢の人が集まり、同じ場所を共有するところでは、とくにファインバブルの導入をお勧めしたいと考えています。

生物活性作用

バブル発信局長 No Comments

ファインバブルの効果は、動植物から微生物にいたるまでほとんどの生物の活性化を引き起こす力があると言われています。

地球の人口は増え続けており、このままでは先の未来に食料の安定確保が難しくなる。食べ物が足りなくなるのだ。
近年、日本で暮らす私たちもひしひしと食品の価格高騰に気づいているだろう。
お菓子も昔自分が食べていたころよりも内容量がひそかに減っている。
スーパーに並ぶ食品も高騰がすすみ、家計を圧迫しはじめている。
低下する食糧自給率の改善が求められている現状だ。

そんな中、危機的状況の救世主にもなりうるのがファインバブルの存在だ。

ファインバブルを使うことで、ホタテや貝などが通常の2~3倍の血流促進が得られるという成果が確認された。
またファインバブルがカキに付着していた細菌を完全に除菌するという貴重な機能性も明らかになったそうだ。
このことで、ファインバブルは生き物の成長を促進させる効果があるこがわかってきているのだ。
農業に関しても、野菜の「サンチュ」の比較を示すが、その成長差は明らかである。また、その味においても、ファインバブルを与えた方がよりやわらかく、えぐみや渋みがない美味しい野菜に育っている。つまり、ファインバブルは食糧分野においても有望な適材になる可能性がある

ファインバブルは、人類が破壊してきた地球のあらゆる部分を修復しようとしている。
もしかしたらファインバブルは私たちに与えられた最後の救いなのかもしれない。
それを見落とさないよう、着実に修復を行っていきたい。